Sample Site

「ファンデーションは絶対塗らないといけない」はナンセンス。

ファンデは塗っても塗らなくてもいい。それぐらいの気持ちでいいのです。その人の肌、その日の肌状態に合わせて、つけるかつけないか決めるというくらいで構いません。

色たとえば、下地だけで「くすみ」「シミ」が飛ぶのであれば、これだけで十分です。色がついているピンクベースの下地を使ってみると、意外と「くすみ」や「シミ」が気にならない人も多いはず。これだけのほうが、ぷるっとした「すっぴん肌」に仕上がり、ナチュラルに見えます。

下地の役割は大きく分けて三つ。1毛穴の凹凸を均一にしてくれること。2くすみを消してくれること。3骨格によるいらない影を消してくれること。とくに目が大きい人は、日の下にくぼみが出やすくクマが目立つし、鼻が高い人や小鼻かんい人も県ができやすいので、下地で消しましょう。

下地だけでもこれだけの役割があるのだから、下地を塗った段階で透明感が出ていれば、ファンデを使わないほうが「抜け感」が出て、色っぽくなります。「ファンデを塗らないと不安」というけれど、そんなに塗ったらお肌が死んじゃう!かわいそう!と思うこともよくあります。

ファンデが絶対に必要なのは、下地を塗った段階でまだ「くすみ」がある人、顔がグレーっぽい人だけです。その日の調子によって、今日はくすんでない!なら、思い切って下地だけで外に出てみましょう。たまにはファンデを捨てて、外へ出よう。意外と「今日、何を使っているの?」なんて聞かれることが増えたりするかも。

コンシーラーの使い方に注意が必要

コンシーラーはファンデ前には絶対に使わない。ファンデの前だとどこかに消えてしまいます。必ず効果が出るファンデあとで!でも、コンシーラーを塗るのは、本当に困ったときです。塗る前に、本当にコンシーラーが必要かな?と立ちどまってみてほしい。だって、コンシーラーは厚塗りメイクの危険性をはらんでいるから。

シミやそばかすを全部隠すほど厚塗りしなくても、実はアイメイクやチーク、リップによって、全体的に気にならなくなる人も本当は多いんじゃない?と思います。「厚塗り」の印象より、多少見えても全体的に気にならないならそちらのほうがよっぽど美人です。

たとえば、本当に気になるシミ部分にだけ、ファンデを指で取って、トントンと叩き込んでみて。実はそれだけでもいいかもしれません。一度、コンシーラーを抜いてみて、それでも気になるのであれば、これも薄塗りになる「リキッド」タイプをおすすめします。

山形やクリームはちょっと硬い分、しっかりつくけれど、やっぱり濃くなりがち。そこまでガッチリ隠さなくても、それをチャームポイントにしたり、そこ以外のメイクで視線をそらしたりできます。ナチュラルの大切さをちょっと頭の片隅に入れておくと、頑張り過ぎない、抜け感が生まれます。

黒汁についてのサイト

チャコールドリンクKUROJIRUについて書かれたサイトをまとめます。
KUROJIRUの口コミと効果をまとめたサイト http://kurojiru.org

他にもKUROJIRUについて書かれたサイトがあれば、ぜひご共有下さい。

Sample Site